セカンドオピニオン

近年、医療の世界で定着しているセカンドオピニオンと同じように、顧問税理士以外の税理士の意見を求めるのが「税のセカンドオピニオン」です。

医者が内科・外科といった専門分野に分かれているように、実は税理士の世界でも法人税を得意とする税理士、相続税を得意とする税理士といったように、税理士によってその得意分野が分かれています。相続税の申告は各種財産評価や特例適用の可否の判断等、税理士によって意見が分かれることが最も多い税金で、担当する税理士の習熟度によってもその税額が大きく変わります。

弊所では、他の事務所にご相談中の方や、一度相続税の申告が終わった方向けに、相続税の経験豊富なスタッフが再度、検討しアドバイスさせていただくサービスを行っております。

税理士によって相続対策の方法は違います。

他の税理士の意見も聞いてみたい・・・他に対策がないのか相談をしたい・・・

このようなことでお悩みの方はぜひご相談ください。
お客様が少しでも安心していただければと思います。

ご相談・ご予約はコチラ

初回のご商談は無料。ご相談ご予約はこちら

ページの先頭へ